立龍美掃(たつりゅうびそう)、岡山・倉敷方面にて食品リサイクル・食品残さ・飼料、一般廃棄物処理業、再生資源回収・卸、産業廃棄物処理業、水道衛生工事・保守、ごみ処理(一般廃棄物)、ごみ処理(産業廃棄物)、排水管つまり清掃 など対応いたしております。

 


事業内容

トップ  >  事業内容

恵み豊かな環境を次世代に

3つのR[Reduce,Recycle,Reuse]が基本です
私たちの社会は便利になると共に、大量生産、大量消費、大量廃棄というように資源を無尽蔵に使ってきました。 その結果、廃棄物の最終処分場の不足、将来の地球資源の枯渇が予測されるなど地球全体の問題が持ち上がってきました。
当社では、皆様に100%リサイクルができる社会のために、3Rをご提案いたしております。
ゴミ処理にお困りの企業様は、是非当社をご利用くださいませ。

当社の再生利用

廃棄物を「材料」にして、別の製品を作る再利用法=マテリアルリサイクルを当社では推進しています。しかし、いらなくなったものを再利用する際にも、新しいものを作る時と同じようにエネルギーが必要となります。当社の再生利用法をご紹介いたします。

  • 木くず

建築業、建設業等で出た廃棄木材等は再生ボードパネルに生まれ変わります。

  • 金属くず
  • ジュース缶

主に工場で廃棄される金属くず、一般的に回収される空き缶なども鉄として再利用されます。

  • ガラス
  • ビン

コンビニ・スーパーなどで日常的に出るガラス瓶などは建設資材に生まれ変わります。

  • 新聞
  • ダンボール

企業様から回収させて頂いた紙ごみは、再生紙ペーパーとして生まれ変わります。

  • 汚泥
  • 残さ

下水処理場の処理過程や工場の廃液処理過程などで生じる汚泥は、ロータリーキルンで処理され、肥料として再利用されます。

食品リサイクル
  • ペットボトル

日常的に捨てられるペットボトルも、リサイクル繊維になり、環境負荷を低減した地球にやさしいカーテン・マットになります。

  • 廃プラスチック類

ポリエチレンを含む廃棄物や廃タイヤを含むプラスチック類は、コーンの部品などに再利用されています。

  • コンクリート
  • アスファルト

建設現場で解体されたコンクリートも不純物を取り除き、再生砕石となり、再びアスファルト等として利用できます。

ピックアップコンテンツ

産業廃棄物 食品リサイクル
産業廃棄物 食品リサイクル
産業廃棄物 食品リサイクル

関連リンク


このページのトップへ戻る